『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

その他

【序章】ヤマギシズムのカルトな社会

投稿日:2018年1月7日

はじめに

みなさん、幸福会ヤマギシ会を知っているでしょうか?1953年に故・山岸巳代蔵が作った農業・畜産業などを主体としたカルト集団です。1980年代の最盛期よりは数は減りましたが、現在でも各地に存在し活動を続けています。

表向きは農業法人ではありますが、その実態は巧みにマインドコントロールされ、特に子供の世界では、虐待、いじめ、窃盗などの犯罪が横行し、大変厳しい世界でした。

過去形になっているのは、現在では2000年頃による世間からのバッシングで脱退者が相次ぎあらゆる所が見直されているからです。しかし、当時の子供達はあれは一体何だったのだろうと言う気持ちで、今でも多くの人が恨みや妬み、トラウマを抱えていると聞きます。本来であれば、過去は振り向かず、未来だけを見つめて生きていくのが正しい生き方だと思います。もちろん、自分も長年そうして来たつもりです。

しかし、多感な子供時代にあそこにいた事実は何年経っても消えず、未だに夢に見てしまう事があります。幼少期に植え付けられた思想は全てが間違っているとも思えない所もあり、果たして今の性格は誰に作られたものなのか分からなくなり長年苦しんできました。

当時の気持ちを思う存分吐き出し、あの地獄の日々をなかった事にはしてはいけないと思い、このサイトを始めました。誰に仕返しする事もできず、まるで敗戦後の日本人の様な、崩壊したオウム真理教の信者の様な気持ちを知って頂き、二度と自分の様な歪んだ人間を作ってはいけないと世間に警告したいです。







-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【感想】洗脳の楽園 ヤマギシ会という悲劇

【感想】洗脳の楽園 ヤマギシ会という悲劇 ヤマギシのブログを書く為には、昔を思い出すのと同時にヤマギシを知らなくてはいけないと考え購入してみた一冊。ルポライターである米本和広氏が実際に特講(特別講習研 …

【感想】小野さやか監督 映画『アヒルの子』

小野さやか監督 映画『アヒルの子』 映画監督の小野さやかさんが第2作「恋とボルバキア」の公開記念として、1作目である「アヒルの子」を全国で再上映している。 現在では東京、名古屋などが終わった様である。 …

【感想】カルト村で生まれました

【感想】カルト村で生まれました このブログを書く為には、少し昔を思い出さなくてはとamazonでヤマギシ関連の本を探していると、高田かやさんの「カルト村で生まれました」を見つけたので購入してみました。 …