『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】差別の存在!町の子>>>>村の子

投稿日:2018年1月8日

差別の存在!町の子>>>>村の子

ヤマギシの子供達には、両親がヤマギシ内にいる人と両親が一般家庭にいて子供だけ入れている人の2通りがあります。これを村の子、町の子と呼び差別をされていました。

町の子と呼ばれる子供達は両親が学費として月々8万円もの大金を支払って預けているので、万が一にも世話係による暴力沙汰などが発覚すれば、すぐ子供を引き上げる事も可能であった為、手厚い対応をされていました。

逆に両親がヤマギシの中にいる子供達は多少手荒に扱っても、ヤマギシからは簡単に出る事ができない(退会すると一文無しで放り出される)ので世話係はやりたい放題でした。図式化すると、こんな感じです。

町の子>>>>>越えられない壁>>>>>>村の子

服装も両親が購入したものをそのまま使って良いので身綺麗であり、外部から持ってくる玩具などには多少目をつぶって貰ったり、優先的に食料や日用品を貰ったりと様々でしたが、何にしても怒られにくいと言うのが最大のメリットだったのです。

子供心に親の立場が違うだけで差別を受けて暮らすのがどれほどに苦痛だったのか想像できるのでしょうか。また、学校に行けば一般生活を営んでいる子供達とのひっくり返せない格差に打ちひしがれました。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】現在でも続く中卒者の末路

現在でも続く中卒者の末路 ヤマギシでは義務教育である中学校を卒業すると、これ以上の勉強は不要とし、村人になる為の勉強として一日中、農作業などに従事させるヤマギシズム学園高等部に強制的に進ませ、学歴が得 …

【生活】女子中学生の自殺

女子中学生の自殺 自分が小学生の頃、中庭に救急車のサイレンが鳴り響いた。ヤマギシは閉鎖的な場所なので、まず外部から車が来る事はなく、何事かと思ったのだが、翌日になると同じ建物内に住んでいる女子中学生が …

【生活】育児放棄の両親に会う

育児放棄の両親に会う 小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。 ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗 …

【生活】ストレス発散目的で喧嘩!

ストレス発散目的で喧嘩! ヤマギシの子供達の中では喧嘩を強制される事がありました。戦(いくさ)に次ぐ、特殊なものでした。 学年ごとによる室内でのガチンコ対決で、普段はある上下関係もこの時は無用となり、 …

【生活】超絶理不尽な男研

超絶理不尽な男研 ヤマギシでは男は男らしく、女は女らしくとの決められたスローガンがあります。男尊女卑バリバリの差別社会で男は肉体労働、女は食事や洗濯など家庭の仕事と分担制になっています。当然ながら同性 …