『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

娯楽

【娯楽】漫画=暴力的な子供に育つ。

投稿日:2018年1月8日

漫画=暴力的な子供に育つ。

ヤマギシでは漫画やゲームは暴力的な子供に育つとして完全に禁止されていました。今回は漫画にフォーカスして書いてみます。当時は「キレる」と言う言葉が流行していました。

一般家庭で育った子供はキレやすい子供に育つ。その原因は漫画やゲームのせいだと一方的に決めつけて世間と関わりを持たせない様に、今いる環境に疑問を持たせない様に、こう言う仮想敵国を作って攻撃するのはヤマギシの得意分野なのです。

漫画に関して全てが悪いと何故言い切ってしまうのでしょうか。確かにドラゴンボールや幽遊白書など当時子供に大絶賛だったのは暴力的なシーンがあるものだったのかもしれません。しかし、社会的な正義感だったり、弱きを助け、強きを挫くなど任侠的な要素も盛り込んでおり、必ずしも悪と決めつけるのもおかしな話だ。

また、当時はスラムダンク(一部喧嘩したりはあるが)を読んでバスケットボールをやってみようと思う子供達がたくさんいました。どうしてそんな極端な思考に至ったのか全くもって意味が分かりません。料理の知識や世の中のしくみ、歴史や文化を織り交ぜて書かれた勉強になる漫画も沢山ある筈です。結局のところ、子供の為と言いつつ、自分達の都合の良いようにコントロールしたかっただけなのです。

そうして規制で縛った結果、こっそり漫画を読む事を覚えます。学校では一般家庭から通っている子供達に週刊誌やコミックスを貸して貰ったり、要らなくなったものを貰ったり、学校の帰り道のスーパーマーケットで立ち読みしたりと様々な手法を取ります。

当然ながら世話係にバレると酷い仕打ちを受けるので、漫画を読む為に見張り役を立てたり、トイレでこっそり読んだりしなくてはなりません。そもそも漫画を読んだぐらいで暴力的になるのであれば、世の中もっと荒廃しています。

一方、大人に関してはどうだったかと言えば、漫画も他の娯楽と同様にヤマギシの施設に申請すれば購入して貰えます。子供からありとあらゆる自由を奪っていながら、自分達は悪びれもせず恩恵に預かるなど、こんな理不尽な話はありません。

当然ながら規制されていた分、ヤマギシを出てからは過去の分を取り戻す為に数千冊もの大量買いをしたり、何日も漫画喫茶に入り浸ったりと漫画ライフを思う存分過ごしたのは言うまでもありません。子供を抑圧させ過ぎると絶対に爆発するいい見本です!







-娯楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【娯楽】禁止事項!友達の家に遊びに行く事。

禁止事項!友達の家に遊びに行く事。 ヤマギシの子供たちは一般家庭から通学している友達の家に遊びに行く事を禁じていました。学校が終わるとすぐに帰宅を促され、畑仕事や掃除をやらせます。 ヤマギシでの考え方 …

【娯楽】TVゲームは害悪の最たるもの

TVゲームは害悪の最たるもの 世間的にもTVゲームは成績が下がったり、目が悪くなったりするので子供の教育によくない物の第一位とされていますが、ヤマギシではそれ以上に有害指定を受けていました。 理由とし …

【娯楽】時代に取り残される!TVのない生活。

時代に取り残される!TVのない生活。 そんなまさかとは思いますが、TVを見る事は基本的に許されていませんでした。施設内にない訳ではありませんでしたが、子供達に世間の悪い情報を与えるのは良くないと定めら …

【娯楽】映画館の保有!?

映画館の保有!? TVが見られないぐらいだから映画も…と思うのですが意外と見る機会がありました。おそらく事前に内容をチェックし精査できるからでしょう。雨の日や学校が休みの日が多かったです。 しかし、何 …