『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】敵と思え!異性との交流は不可

投稿日:2018年1月8日

敵と思え!異性との交流は不可

これも全くもって意味が分かりません。ヤマギシでは男女の交流は許されていません。当然ながら彼氏彼女の関係などありえない状態でした。ヤマギシの教えではの言葉が沢山出てくるにも関わらず、男女の意味では使われていませんでした。本当に見せ掛けだらけ矛盾だらけの考え方なのです。

小学校低学年頃までは普通に接していたのに、段々と年齢が上がるにつれ交流を持たないのを暗黙のルールとし、特に男性側からは親しく会話をする事を禁じました。

ヤマギシでは男は男らしく女は女らしくのスローガンがあった為、恐らくナヨナヨした軟派な男になるなって事なんでしょう。

中学生にもなると完全に男女が別の場所で暮らす為、より交流はありません。学校や食事、イベントを行う以外は殆ど顔を合わせる事もありません。逆に少しでも交流を持とうとすると世話係に注意され、仲間達にもからかわれ、望む望まないを別に敵愾心を持たざるを得ない状況になっていました。

また、学校では一般家庭から通う女の子との会話の接点もありません。テレビも漫画も何も与えられなく、ただ畑仕事だけをやらされていたので話題がありません。持ち前の気恥ずかしさも手伝って完全に内向的な子供になりました。

そんな理由でヤマギシを出たばかりの頃は、かなり苦労しました。全然話せない自分を何とか変えたくてホストクラブでアルバイトをしてみたのは内緒の話ですw







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】現在でも続く中卒者の末路

現在でも続く中卒者の末路 ヤマギシでは義務教育である中学校を卒業すると、これ以上の勉強は不要とし、村人になる為の勉強として一日中、農作業などに従事させるヤマギシズム学園高等部に強制的に進ませ、学歴が得 …

【生活】育児放棄の両親に会う

育児放棄の両親に会う 小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。 ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗 …

【生活】懺悔。お小遣いがあれば…

懺悔。お小遣いがあれば… ここまで規制されている生活なので、当然お小遣いなんてものは存在しません。お金を使う場所に行く事すら許されていないので、それも当然の話です。中には学校の修学旅行で生まれて初めて …

【生活】どの辺が全人幸福?自殺や事故のオンパレード!

【生活】全人幸福?自殺や事故のオンパレード! ヤマギシでは、「全人幸福」「金の要らない仲良い楽しい村」「愛児に楽園を」などと謳い、ただの農業集団ではなく精神的な豊かさなどを説き大成長させてきた。 最盛 …

【生活】喜び組?強制!歌の練習

喜び組?強制!歌の練習 ヤマギシでは歌の練習があります。夕食が終わり、ようやく一息つけると思った時間帯に、このカリキュラムが入れられています。目的としては月に一度の愛の仲良し研や年に一度、外部の人間に …