『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

学校

【学校】惨めな差別!クラブ活動の禁止

投稿日:2018年1月8日

惨めな差別!クラブ活動の禁止

小学生の頃は週1回だったのもありクラブ活動が許されていましたが、中学生になるとクラブ活動はしてはいけない決まりになっていました。

理由としては、中学生ともなると本格的なクラブ活動になり、特に運動部は他所の学校と試合をしたりと外に行く機会が増えます。ヤマギシの方針としては極力、外の世界と関わらせたくないので、クラブ活動は許されていませんでした。世間は悪としていたのでヤマギシ内に閉じ込めておきたかったのです。

とは言っても校則では全員クラブ活動には参加しなくてはいけない為、特別にヤマギシの専用に作った園芸部に強制的に入らされます。活動内容は学校が(ヤマギシが?)所有している畑で農作業をやらされました。取れた野菜は学校の給食に使うと言う偽善ぶった事もして何とか折り合いを付けて都合のいいように学校を動かしていました。

その部活動も毎日やる訳ではなく、基本的には学校が終わるとすぐ帰宅させられ、ヤマギシ内での農園で働かされる事になります。体育館で部活動毎に集まる事がある際には、園芸部=ヤマギシの子供と言うのが誰の目にも分かり惨めな気持ちでいっぱいでした。

自分の意志ではなく、親が勝手にヤマギシに入っただけで選べないのです。みんなと同じ中学生なのにも関わらずです。部活動ができないよりも差別されていた事に心を痛めました。こう言う一つ一つの積み重ねが子供達を荒んだ心に育て上げ、窃盗や恐喝、いじめなどの犯罪行為に走らせていたのです。ヤマギシは自分の考えが絶対に正しいと決めつけ、子供の都合なんかお構いなしなのです!







-学校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【学校】雨の日は長靴との闘い。

雨の日は長靴との闘い。 ヤマギシでは雨の日は子供達に長靴を履かせる事を強制させます。「ん?別に構わないのでは?」と思った人、大間違いです。社会人になり、周囲の人と違う個性がある程度認められる状況であれ …

【学校】給食さえ満足に食べられない

給食さえ満足に食べられない みんな小学校で食べた給食ですが、ヤマギシの子供達はそれすら満足に食べられませんでした。弟子システムの項目でも述べたのですが、この件について少し掘り下げようと思います。 ヤマ …

【学校】勉強なんてどうでもいい

勉強なんてどうでもいい 誰もが一度は言われた言葉「〇〇!もっと勉強しなさい!」ですが、ヤマギシの子供達はそれを言われた事がありません。うらやましいって思った人、あの生活に耐えられるとは思いませんが代わ …

【学校】先生はヤマギシの子を見て見ぬ振り

先生はヤマギシの子を見て見ぬ振り ヤマギシの子供達にとっては学校が全てでした。あの空間があったからこそ、辛うじてギリギリまともな思考が養えてヤマギシに洗脳されなかったのです。もし、オウム真理教の子供達 …