『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】壮絶!イジメるかイジメられるか!

投稿日:2018年1月8日

壮絶!イジメるかイジメられるか!

ヤマギシ内でのいじめは酷いものがありました。みんな抑圧された生活をしていた為、そのストレスの捌け口は力の弱いものに行き、弱いものは更に弱いものへと最悪な状態でした。

自分自身はいじめられた事もいじめた事も両方あります。単純に殴る蹴るの暴力行為から、大切にしている物を強制的に徴収したり、盗みを命令したりと何でもありでした。

集団で一人を死ぬ寸前まで追い詰めた事もあります。自殺させる様に仕向け、死ななかったら何故、死なないんだと更に追い込みました。

それほどまでにみんなが荒んだ心を持っており、決して人として許されない様な悪事を息を吸うかの如く行っていました。

学校でもいじめはエスカレートし、同級生に家のお金を持ってこさせたり、クラス全員で一人の女の子を酷い青アザができるまで何度も殴る蹴るの暴力行為があったりと酷いものでした。

逆にいじめられた側できつかったのは集団でシカトでした。誰一人として話しては貰えず、数週間孤独の毎日で全員から嫌われているのがヒシヒシと伝わってきました。

上級生などからの暴力はその日一日で終わるけれど、シカトはいつ終わるとも知れないのです。また、自分がやってきた事と同様に大切な物を奪われたり、命令されて物を盗んでくるなども経験しているので、まさに負のスパイラルでした。

では、そんないじめの状況があれば、学校の先生なり、世話係に言いつけて止めさせて貰えればいいと思うでしょうが、そんなに甘くはありません。

チクリ野郎とレッテルを貼られ、見ていない場所で腹など傷にならない箇所をボコボコに殴られ、その後は決まって総シカトが待っています。結局の所、荒んだ子供達の環境下では全く逃げようがないのが実情でした。

結局、いじめる方かいじめられる方かのどちらかを選ばなくてはいけなかったので自分はいじめる方に回っていた事が多かったです。自分がやってきた悪事を正当化するつもりはありませんが、衣食足りて礼節を知るの言葉通りに子供にとっては育ってきた環境ほど重要な事はありません。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】ヤマギシは宗教である!

ヤマギシは宗教である! ヤマギシは宗教ではないと言う人がいるが、(特にヤマギシに洗脳されている人ほど)自分は実際の体験により、間違いなくヤマギシは宗教である。宗教の定義は色々とあるが、ここに特徴を箇条 …

【生活】喜び組?強制!歌の練習

喜び組?強制!歌の練習 ヤマギシでは歌の練習があります。夕食が終わり、ようやく一息つけると思った時間帯に、このカリキュラムが入れられています。目的としては月に一度の愛の仲良し研や年に一度、外部の人間に …

【生活】マインドコントロールの個別研

マインドコントロールの個別研 個別研とは研鑽会の一つです。ヤマギシではこの研鑽会と言う名称をバカの一つ覚えの如く、何にでも使用します。研鑽とはそもそも学問などを磨き深める事の意味ですが、ヤマギシではそ …

【生活】まるで戦時中!?手紙の検閲

まるで戦時中!?手紙の検閲 ヤマギシでは手紙は必ず検閲されます。封筒で送られて来たものは必ず世話係が封を切り、中身を確認して不必要なものが入っていないか、子供達を惑わす様な悪い内容が書かれていないかな …

【生活】本音は処罰に。建前は生きる為に。

本音は処罰に。建前は生きる為に。 大人になると会社や上司に逆らえないと言う状況も度々あると思いますが、ヤマギシでは小学校低学年であっても常に自分の意見は許されない状況下に立たされていました。 もちろん …