『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】必修科目。窃盗のスキル

投稿日:2018年1月8日

必修科目。窃盗のスキル

犯罪行為ですが、ヤマギシの子供達の世界で生き抜く為には必須のスキルです。当然ながら悪い事をしているので、バレると世話係に殴られたりと酷い目に合い、尚且つ命令元の上級生からは任務失敗で制裁を受けるので、如何に成功率を上げるかが生き死にの問題となってきます。

どうやったら上手くいくのかなどは自然と身につくものなので、こうやったら上手くできたなどの説明は難しいのですが、全てはタイミングと度胸でした。もちろん悪知恵を働かせ見張り役を何処に付けてサインはどうするなどと色々と考えており、盗んだ品物はバッグに入れると怪しまれるのでスボンに挟んでお腹に隠して持ち帰るのが多かったのを覚えています。

ヤマギシの施設内で盗んだり、駄菓子屋から万引きしたりと様々でした。成功率はほぼ100%に近かった気がします。悪い事をしたら絶対にどこかでバレると世話係に脅されていましたが、そんな事は全くありませんでした。

中学生ともなると、よりエスカレートしてスーパーで一万円分を万引きし、これが本当の万引きなどと、ふざけた行為をしていました。一度、バレて謝りに行った事はありますが、それ以外見つかった事はなく、スーパーには多大な被害を与えてしまいました。

今でこそ、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、当時は全ては環境がこうさせたと自分に言い聞かせ、ヤマギシの子供達がみんなやっていた事もあり、罪の意識が非常に低かったです。バレると運が悪かったと思う様にしていました。

自分でやったを書いてみたのですが、何だか嘘くさい内容になってしまっている気がします。ちなみにヤマギシを出てからそう言った不法行為は一切行った事はありませんので悪しからず。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】育児放棄の両親に会う

育児放棄の両親に会う 小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。 ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗 …

【生活】懺悔。お小遣いがあれば…

懺悔。お小遣いがあれば… ここまで規制されている生活なので、当然お小遣いなんてものは存在しません。お金を使う場所に行く事すら許されていないので、それも当然の話です。中には学校の修学旅行で生まれて初めて …

【生活】超絶理不尽な男研

超絶理不尽な男研 ヤマギシでは男は男らしく、女は女らしくとの決められたスローガンがあります。男尊女卑バリバリの差別社会で男は肉体労働、女は食事や洗濯など家庭の仕事と分担制になっています。当然ながら同性 …

【生活】喜び組?強制!歌の練習

喜び組?強制!歌の練習 ヤマギシでは歌の練習があります。夕食が終わり、ようやく一息つけると思った時間帯に、このカリキュラムが入れられています。目的としては月に一度の愛の仲良し研や年に一度、外部の人間に …

【生活】女子中学生の自殺

女子中学生の自殺 自分が小学生の頃、中庭に救急車のサイレンが鳴り響いた。ヤマギシは閉鎖的な場所なので、まず外部から車が来る事はなく、何事かと思ったのだが、翌日になると同じ建物内に住んでいる女子中学生が …