『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】信念を持って悪事を働いた

投稿日:2018年1月8日

信念を持って悪事を働いた

ヤマギシ的悪い事をするから世話係を怒らせるのだとは思いますが、これには様々な感情や理由がありました。

最初の切っ掛けは上級生に命令されたりもありますが、一番の目的としては、ヤマギシでいい子になりたくなかったからです。悪事を働く事でヤマギシ的考えに洗脳されない様に大人達への反抗として頑張っていたのです。

学校に通う事で如何に自分達が抑圧されているかを認識し、同じ人間なのに自分の逃れられない運命を呪い、やけっぱちになっていたのもあります。制約ばかりを押し付けられるヤマギシの考えには全く賛同する事ができず、不幸で理不尽な世界だと認識していました。

また子供達の中では反山精神(反対山岸の略)は不屈の信念としてあったので、少しでもヤマギシ的いい子がいたら全員で徹底的に痛めつける制裁が存在していました。

ヤマギシ内で物を盗む事はヤマギシの大人達の世界にダメージを与える事にもなり、喜んでやっていたのを覚えています。大人達だけがいい思いをして子供には抑圧した環境を与えている復讐をしていたのです。

また、一般社会に対しても、お前らいい暮らししてるんだから多少は盗まれても大丈夫だろうと身勝手な理論を持ち出していました。欲しい物が得られないのであれば、自分で奪い取るしか方法がなかったのです。大人達が子供の為にと信じて全財産を投げ打ってまで入った理想郷の中身はこんなものだったのです。

もしかしたら僕がいた場所が極端だったかもしれませんが、他の施設でも大なり小なり同様の事が行われていたのでしょう。他のヤマギシの場所から転入して来た子もさほど変わらなく、すぐに悪事を働く事に馴染んでいきました。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】差別の存在!町の子>>>>村の子

差別の存在!町の子>>>>村の子 ヤマギシの子供達には、両親がヤマギシ内にいる人と両親が一般家庭にいて子供だけ入れている人の2通りがあります。これを村の子、町の子と呼び差別をさ …

【生活】壮絶!イジメるかイジメられるか!

壮絶!イジメるかイジメられるか! ヤマギシ内でのいじめは酷いものがありました。みんな抑圧された生活をしていた為、そのストレスの捌け口は力の弱いものに行き、弱いものは更に弱いものへと最悪な状態でした。 …

【生活】ストレス発散目的で喧嘩!

ストレス発散目的で喧嘩! ヤマギシの子供達の中では喧嘩を強制される事がありました。戦(いくさ)に次ぐ、特殊なものでした。 学年ごとによる室内でのガチンコ対決で、普段はある上下関係もこの時は無用となり、 …

【生活】必修科目。窃盗のスキル

必修科目。窃盗のスキル 犯罪行為ですが、ヤマギシの子供達の世界で生き抜く為には必須のスキルです。当然ながら悪い事をしているので、バレると世話係に殴られたりと酷い目に合い、尚且つ命令元の上級生からは任務 …

【生活】本音は処罰に。建前は生きる為に。

本音は処罰に。建前は生きる為に。 大人になると会社や上司に逆らえないと言う状況も度々あると思いますが、ヤマギシでは小学校低学年であっても常に自分の意見は許されない状況下に立たされていました。 もちろん …