『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】信念を持って悪事を働いた

投稿日:2018年1月8日

信念を持って悪事を働いた

ヤマギシ的悪い事をするから世話係を怒らせるのだとは思いますが、これには様々な感情や理由がありました。

最初の切っ掛けは上級生に命令されたりもありますが、一番の目的としては、ヤマギシでいい子になりたくなかったからです。悪事を働く事でヤマギシ的考えに洗脳されない様に大人達への反抗として頑張っていたのです。

学校に通う事で如何に自分達が抑圧されているかを認識し、同じ人間なのに自分の逃れられない運命を呪い、やけっぱちになっていたのもあります。制約ばかりを押し付けられるヤマギシの考えには全く賛同する事ができず、不幸で理不尽な世界だと認識していました。

また子供達の中では反山精神(反対山岸の略)は不屈の信念としてあったので、少しでもヤマギシ的いい子がいたら全員で徹底的に痛めつける制裁が存在していました。

ヤマギシ内で物を盗む事はヤマギシの大人達の世界にダメージを与える事にもなり、喜んでやっていたのを覚えています。大人達だけがいい思いをして子供には抑圧した環境を与えている復讐をしていたのです。

また、一般社会に対しても、お前らいい暮らししてるんだから多少は盗まれても大丈夫だろうと身勝手な理論を持ち出していました。欲しい物が得られないのであれば、自分で奪い取るしか方法がなかったのです。大人達が子供の為にと信じて全財産を投げ打ってまで入った理想郷の中身はこんなものだったのです。

もしかしたら僕がいた場所が極端だったかもしれませんが、他の施設でも大なり小なり同様の事が行われていたのでしょう。他のヤマギシの場所から転入して来た子もさほど変わらなく、すぐに悪事を働く事に馴染んでいきました。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】まるで戦時中!?手紙の検閲

まるで戦時中!?手紙の検閲 ヤマギシでは手紙は必ず検閲されます。封筒で送られて来たものは必ず世話係が封を切り、中身を確認して不必要なものが入っていないか、子供達を惑わす様な悪い内容が書かれていないかな …

【生活】どの辺が全人幸福?自殺や事故のオンパレード!

【生活】全人幸福?自殺や事故のオンパレード! ヤマギシでは、「全人幸福」「金の要らない仲良い楽しい村」「愛児に楽園を」などと謳い、ただの農業集団ではなく精神的な豊かさなどを説き大成長させてきた。 最盛 …

【生活】超絶理不尽な男研

超絶理不尽な男研 ヤマギシでは男は男らしく、女は女らしくとの決められたスローガンがあります。男尊女卑バリバリの差別社会で男は肉体労働、女は食事や洗濯など家庭の仕事と分担制になっています。当然ながら同性 …

【生活】リアルで殺し合いの戦(いくさ)

リアルで殺し合いの戦(いくさ) ヤマギシの子供達は、テレビ、ゲーム、漫画などを禁じられていたので、遊ぶ時は専ら外で遊ぶしかありませんでした。野球やサッカー、鬼ごっご、秘密基地づくりなど色々とやりました …

【生活】現在でも続く中卒者の末路

現在でも続く中卒者の末路 ヤマギシでは義務教育である中学校を卒業すると、これ以上の勉強は不要とし、村人になる為の勉強として一日中、農作業などに従事させるヤマギシズム学園高等部に強制的に進ませ、学歴が得 …