『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】脱走は最大の罪!!

投稿日:2018年1月8日

脱走は最大の罪!!

ヤマギシで何よりも重い罪、それは脱走です。旧日本軍で脱走兵は死刑なんて聞いた事もあると思いますが、それに近しい内容でした。万が一にも連れ戻されると、とんでもない制裁があり、まさに死をも覚悟する気持ちで挑まなくてはいけなかったのです。

自分はそんな恐ろしい事ができる勇気もなかったし、行く宛てもなかったので、実際に脱走を図った人が、その後どうなったのかを記載します。

あの当時、2人の子供が一緒に脱走を計画し実行に移しました。目的地は片方の子供の祖父母宅。もう一人はそれに同行する形を取っていました。数日後、途中で取り押さえられたのかヤマギシ内に連れ戻されてきました。

その後、二週間ぐらい経ち、ようやく日常生活に戻ってきました。長い間、学校にも行けず個室で軟禁され、様々な洗脳を受けたのは疲弊し切った顔を見れば、すぐに理解しました。おそらくそれなりに殴られたりはあったと思います。

しかし、戻って来れたのは片方のみ。自分の祖父母宅に逃げようとした彼だけです。その子は両親がヤマギシに在籍せず一般社会で暮らしており、月謝を払って子供を預けられている、言わば町の子だったのです。

しかし、もう一人の彼は村の子で両親がヤマギシに暮らしており、処罰は想像を絶する程に厳しかったのです。普段の世話係ではなくヤマギシ内にいる屈強な処罰専門の大人が呼ばれ、みんなが生活している場所ではなく、別の建物に連れて行かれ、恐らく死んでしまってもおかしくない程の暴行を受けていました。

後日、こっそりその部屋に行くと壁に血が飛び散っていて生々しく、子供ながらに凄まじい恐怖を覚えました。当然ながら次にその彼を見掛けた時は目にガーゼがあてられ、顔が紫色のアザだらけで見るも無残な状態でした。ようやく許されて学校に行ける様になったのは、顔の傷が治った数ヶ月後の事でした。(その期間中もずっと軟禁状態)

流石に学校の先生も心配になって見に来たのですが、ヤマギシ側としては事実を隠蔽する為に面会謝絶。まさに死をも覚悟しなくては行けない最大の罪が脱走なのです。誇張でないのは読む人が読めば真実かどうか分かると思います。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】決まった事しか書けない日記

決まった事しか書けない日記 ヤマギシでは、一日の終わりに日記を書くことを強要させられます。それぞれ個人のバインダーが用意され、ルーズリーフに今日の出来事を書いて世話係に提出します。表向きは何を書いても …

【生活】まるで戦時中!?手紙の検閲

まるで戦時中!?手紙の検閲 ヤマギシでは手紙は必ず検閲されます。封筒で送られて来たものは必ず世話係が封を切り、中身を確認して不必要なものが入っていないか、子供達を惑わす様な悪い内容が書かれていないかな …

【生活】信念を持って悪事を働いた

信念を持って悪事を働いた ヤマギシ的悪い事をするから世話係を怒らせるのだとは思いますが、これには様々な感情や理由がありました。 最初の切っ掛けは上級生に命令されたりもありますが、一番の目的としては、ヤ …

【生活】育児放棄の両親に会う

育児放棄の両親に会う 小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。 ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗 …

【生活】実学と言う名の強制労働

実学と言う名の強制労働 ヤマギシでは子供に労働でも学べる事があると嘘吹き、ある程度の年齢になると強制的に農業や畜産業をやらされます。小学生低学年の子供達には掃除などの身の回りの仕事をさせていました。こ …