『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】ストレス発散目的で喧嘩!

投稿日:2018年1月11日

ストレス発散目的で喧嘩!

ヤマギシの子供達の中では喧嘩を強制される事がありました。戦(いくさ)に次ぐ、特殊なものでした。

学年ごとによる室内でのガチンコ対決で、普段はある上下関係もこの時は無用となり、上級生だろうが関係なく殴り合いました。ルールは武器は使用不可、泣いたり、降参したら負け。その他は顔面を殴ろうが蹴ろうが何でもありです。

基本的には学年VS学年で全員が入り乱れての大乱闘でしたが、場合によっては勝ち抜き戦だったり、トーナメント戦なんかもありました。窓ガラスが割れたり、ドタバタしているのが世話係に見つかって全員が怒られるなんて事も。

こちらに関しては、いくさよりはケガする事も少なかったし、学年による結束も固まるのもあり、まだ進んで参加できていたと思います。当然ながら、上級生相手だとボコボコにされて負ける事が多かったのですが…w

今思うと総合格闘技のアルティメットに近かったかも知れません。ヤマギシの遊びはストレス発散の目的か暴力的なものが多かったです。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】現在でも続く中卒者の末路

現在でも続く中卒者の末路 ヤマギシでは義務教育である中学校を卒業すると、これ以上の勉強は不要とし、村人になる為の勉強として一日中、農作業などに従事させるヤマギシズム学園高等部に強制的に進ませ、学歴が得 …

【生活】マインドコントロールの個別研

マインドコントロールの個別研 個別研とは研鑽会の一つです。ヤマギシではこの研鑽会と言う名称をバカの一つ覚えの如く、何にでも使用します。研鑽とはそもそも学問などを磨き深める事の意味ですが、ヤマギシではそ …

【生活】育児放棄の両親に会う

育児放棄の両親に会う 小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。 ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗 …

【生活】懺悔。お小遣いがあれば…

懺悔。お小遣いがあれば… ここまで規制されている生活なので、当然お小遣いなんてものは存在しません。お金を使う場所に行く事すら許されていないので、それも当然の話です。中には学校の修学旅行で生まれて初めて …

【生活】まるで戦時中!?手紙の検閲

まるで戦時中!?手紙の検閲 ヤマギシでは手紙は必ず検閲されます。封筒で送られて来たものは必ず世話係が封を切り、中身を確認して不必要なものが入っていないか、子供達を惑わす様な悪い内容が書かれていないかな …