『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】育児放棄の両親に会う

投稿日:2018年1月14日

育児放棄の両親に会う

小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。

ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗り継いで一般家庭に戻っていき、ヤマギシ内に親がいる子供は親が暮らす大人だけの生活空間で1~2泊を過ごします。みんな親元に帰るのが楽しみだった様です。

しかし、自分の場合は、みんなが何故そんなに楽しみなのか意味が分かりませんでした。みんなの話を聞くと普段抑圧した生活をさせているので、親は優しく、話を聞いてくれて(ヤマギシの批判以外)、お菓子などでもてなし、TVも自由に見てよくて天国の様な暮らしだと言っていました。

ただ自分の場合はどうせ帰った所でヤマギシ的考えに毒された親しかおらず、元々ヤマギシに入る前から虐待児として育っていたので、親元を離れるまで暴力に怯え、顔色を伺いながら過ごしていました。泣かされずに親元からヤマギシに帰ったのは本当に数える程しかありませんでした。

はっきり言ってしまえば、ヤマギシ的悪い事をしなければ暴力を振るわれない普段の生活の方がよっぽどマシでした。本当にどこにも安息の場所がなかったのです。現在もその毒親っぷりは健在で未だに自分が何をしたのかも分かっていない超絶大馬鹿者です。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】現在でも続く中卒者の末路

現在でも続く中卒者の末路 ヤマギシでは義務教育である中学校を卒業すると、これ以上の勉強は不要とし、村人になる為の勉強として一日中、農作業などに従事させるヤマギシズム学園高等部に強制的に進ませ、学歴が得 …

【生活】おとうさん、おかあさんと呼びなさい。

おとうさん、おかあさんと呼びなさい。 ヤマギシでは、小学校の途中ぐらいから世話係の事を〇〇おとうさんとか〇〇おかあさんとか呼ぶ事を強制させられました。全然、自分の父親や母親なんて思えず、規律から少しで …

【生活】本音は処罰に。建前は生きる為に。

本音は処罰に。建前は生きる為に。 大人になると会社や上司に逆らえないと言う状況も度々あると思いますが、ヤマギシでは小学校低学年であっても常に自分の意見は許されない状況下に立たされていました。 もちろん …

【生活】実学と言う名の強制労働

実学と言う名の強制労働 ヤマギシでは子供に労働でも学べる事があると嘘吹き、ある程度の年齢になると強制的に農業や畜産業をやらされます。小学生低学年の子供達には掃除などの身の回りの仕事をさせていました。こ …

【生活】脱走は最大の罪!!

脱走は最大の罪!! ヤマギシで何よりも重い罪、それは脱走です。旧日本軍で脱走兵は死刑なんて聞いた事もあると思いますが、それに近しい内容でした。万が一にも連れ戻されると、とんでもない制裁があり、まさに死 …