『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】育児放棄の両親に会う

投稿日:2018年1月14日

育児放棄の両親に会う

小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。

ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗り継いで一般家庭に戻っていき、ヤマギシ内に親がいる子供は親が暮らす大人だけの生活空間で1~2泊を過ごします。みんな親元に帰るのが楽しみだった様です。

しかし、自分の場合は、みんなが何故そんなに楽しみなのか意味が分かりませんでした。みんなの話を聞くと普段抑圧した生活をさせているので、親は優しく、話を聞いてくれて(ヤマギシの批判以外)、お菓子などでもてなし、TVも自由に見てよくて天国の様な暮らしだと言っていました。

ただ自分の場合はどうせ帰った所でヤマギシ的考えに毒された親しかおらず、元々ヤマギシに入る前から虐待児として育っていたので、親元を離れるまで暴力に怯え、顔色を伺いながら過ごしていました。泣かされずに親元からヤマギシに帰ったのは本当に数える程しかありませんでした。

はっきり言ってしまえば、ヤマギシ的悪い事をしなければ暴力を振るわれない普段の生活の方がよっぽどマシでした。本当にどこにも安息の場所がなかったのです。現在もその毒親っぷりは健在で未だに自分が何をしたのかも分かっていない超絶大馬鹿者です。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】決まった事しか書けない日記

決まった事しか書けない日記 ヤマギシでは、一日の終わりに日記を書くことを強要させられます。それぞれ個人のバインダーが用意され、ルーズリーフに今日の出来事を書いて世話係に提出します。表向きは何を書いても …

【生活】どの辺が全人幸福?自殺や事故のオンパレード!

【生活】全人幸福?自殺や事故のオンパレード! ヤマギシでは、「全人幸福」「金の要らない仲良い楽しい村」「愛児に楽園を」などと謳い、ただの農業集団ではなく精神的な豊かさなどを説き大成長させてきた。 最盛 …

【生活】差別の存在!町の子>>>>村の子

差別の存在!町の子>>>>村の子 ヤマギシの子供達には、両親がヤマギシ内にいる人と両親が一般家庭にいて子供だけ入れている人の2通りがあります。これを村の子、町の子と呼び差別をさ …

【生活】敵と思え!異性との交流は不可

敵と思え!異性との交流は不可 これも全くもって意味が分かりません。ヤマギシでは男女の交流は許されていません。当然ながら彼氏彼女の関係などありえない状態でした。ヤマギシの教えでは愛の言葉が沢山出てくるに …

【生活】信念を持って悪事を働いた

信念を持って悪事を働いた ヤマギシ的悪い事をするから世話係を怒らせるのだとは思いますが、これには様々な感情や理由がありました。 最初の切っ掛けは上級生に命令されたりもありますが、一番の目的としては、ヤ …