『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】ホモ?寝る時は2人で1つの布団

投稿日:2018年1月14日

ホモ?寝る時は2人で1つの布団

ヤマギシでは、経費削減の為か2人で1つの布団を使って寝ていました。就寝時には同性だけが集まり、8~10人程度で1つの部屋が与えられます。布団を敷くのも片付けるのも自分達で行います。

寝る時間だけは十分に用意されており、基本的に小学生で8~9時の就寝、中学生でも10時には就寝していました。寝る環境はともかくヤマギシではたった一つとも言っていいぐらい安息の時間でした

この話で気分が悪くなる人もいるかと思いますが、最悪な事にヤマギシではホモが多かったのです。よく自衛隊や刑務所ではホモが多いと聞いた事があると思いますが、それは女性がいない隔離された環境下では十分起こってしまっても不思議ではない話なのです。

生まれつきの同性愛者とかではなく女性の代わりに男性を求められ、今となっては吐き気がして身の毛もよだつ程の話です。また女性は女性側で何もなかったとは考えられません。あんな状況にいて、よくも自分の精神がおかしくならなかったものだと驚くばかりです。

ヤマギシでは子供は子供同士暮らすのが当たり前などと自分勝手な理想論で隔離しましたが、こんな弊害がある事を少しでも大人達は考えてくれたのでしょうか。せめて一人一つの布団を用意して貰えなかったのでしょうか。今でも精神的に苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】どの辺が全人幸福?自殺や事故のオンパレード!

【生活】全人幸福?自殺や事故のオンパレード! ヤマギシでは、「全人幸福」「金の要らない仲良い楽しい村」「愛児に楽園を」などと謳い、ただの農業集団ではなく精神的な豊かさなどを説き大成長させてきた。 最盛 …

【生活】超絶理不尽な男研

超絶理不尽な男研 ヤマギシでは男は男らしく、女は女らしくとの決められたスローガンがあります。男尊女卑バリバリの差別社会で男は肉体労働、女は食事や洗濯など家庭の仕事と分担制になっています。当然ながら同性 …

【生活】まるで戦時中!?手紙の検閲

まるで戦時中!?手紙の検閲 ヤマギシでは手紙は必ず検閲されます。封筒で送られて来たものは必ず世話係が封を切り、中身を確認して不必要なものが入っていないか、子供達を惑わす様な悪い内容が書かれていないかな …

【生活】差別の存在!町の子>>>>村の子

差別の存在!町の子>>>>村の子 ヤマギシの子供達には、両親がヤマギシ内にいる人と両親が一般家庭にいて子供だけ入れている人の2通りがあります。これを村の子、町の子と呼び差別をさ …

【生活】おとうさん、おかあさんと呼びなさい。

おとうさん、おかあさんと呼びなさい。 ヤマギシでは、小学校の途中ぐらいから世話係の事を〇〇おとうさんとか〇〇おかあさんとか呼ぶ事を強制させられました。全然、自分の父親や母親なんて思えず、規律から少しで …