『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】喜び組?強制!歌の練習

投稿日:2018年1月16日

喜び組?強制!歌の練習

ヤマギシでは歌の練習があります。夕食が終わり、ようやく一息つけると思った時間帯に、このカリキュラムが入れられています。目的としては月に一度の愛の仲良し研や年に一度、外部の人間にヤマギシの良さをアピールする顕示博覧会の為です。毎日ではないが、ほとんど年間を通してやらされる事になります。

これが合唱コンクールなどであれば、まだやり甲斐もあるのです。しかし、発表の目的はヤマギシで働く大人や世話係を満足させる為のものであり、歌の内容もヤマギシの生活を楽しんでますよアピールなのです。自分の意志とは反したものであり、胸糞が非常に悪く、やっている事は喜び組と何ら変わりません。曲は80年代以前に流行したフォークソングを丸パクリ、歌詞の内容はヤマギシが如何に素晴らしいかを説いた著作権を無視した酷い替え歌だった。場合によっては恥ずかしい振り付けまでさせられる事になります。

しかも、内々で使用しているならまだしも、それらをカセットテープなどに入れて、外部から1週間だけヤマギシにくる子供達(楽園村)に販売していたので尚更たちが悪い。歌の練習も声を大きく出さなかったり、嫌々やっているのが分かると後で個別研送りにされるし、音楽の授業とは全くもって性質が異なる。練習時間は決まっていたものの世話係が納得するまで練習は終わらないオマケ付きだ。

普通、世間一般では十代にもなると好きなアーティストができたり、J-POPの歌番組にも興味が出てきたり、自分でバンドをやってみようと練習を始めたりと多感なお年頃になる。そんな貴重な時期に糞みたいな歌の練習をやらせられ無駄な時間を過ごしていた。

あと学校の文化祭で強制的にやらされた時は同級生にもからかわれ、死にたくなる程に恥ずかしかった。今となっては誰も覚えていないとは思うが超絶黒歴史だ。中には出なかった者もいるが当然ながら個別研送りになったのは言うまでもない。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】育児放棄の両親に会う

育児放棄の両親に会う 小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。 ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗 …

【生活】差別の存在!町の子>>>>村の子

差別の存在!町の子>>>>村の子 ヤマギシの子供達には、両親がヤマギシ内にいる人と両親が一般家庭にいて子供だけ入れている人の2通りがあります。これを村の子、町の子と呼び差別をさ …

【生活】本音は処罰に。建前は生きる為に。

本音は処罰に。建前は生きる為に。 大人になると会社や上司に逆らえないと言う状況も度々あると思いますが、ヤマギシでは小学校低学年であっても常に自分の意見は許されない状況下に立たされていました。 もちろん …

【生活】決まった事しか書けない日記

決まった事しか書けない日記 ヤマギシでは、一日の終わりに日記を書くことを強要させられます。それぞれ個人のバインダーが用意され、ルーズリーフに今日の出来事を書いて世話係に提出します。表向きは何を書いても …

【生活】リアルで殺し合いの戦(いくさ)

リアルで殺し合いの戦(いくさ) ヤマギシの子供達は、テレビ、ゲーム、漫画などを禁じられていたので、遊ぶ時は専ら外で遊ぶしかありませんでした。野球やサッカー、鬼ごっご、秘密基地づくりなど色々とやりました …