『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】金の要らない村?嘘つけ!!

投稿日:2018年1月22日

金の要らない村?嘘つけ!!

ヤマギシの最盛期には年商200億円とも言われ半端ない金持ちだった。その年商だけでもかなり凄いのに、ヤマギシに入村する為には預金、土地、有価証券なども全て譲渡、全財産を丸ごと寄進するのが条件になるので稼ぎ放題である。

それだけではなく、生活に掛かる一切の保証はする代わりに、それぞれに与えられた役割である農作業などの労働で得た収入は一切手元に入らない。一応、表向きは農業法人なので給料を得ている事になっているが、全てヤマギシに贈与している形を取っている。村人の生活はかなり質素だったし、文句を言わない労働力になる子供たちも大勢いる!これで金持ちにならない訳はない!!

しかも、ヤマギシを出る時は財産の返還を一切しない決まりになっている。法律的にも財産返還をしない旨の書類にサインをしているので、例え自分が選択した道に誤りがあった事に気付いたとしても簡単に引き返せず、もしヤマギシを脱退したとしても当面の生活費を渡されるだけで、ほとんど丸裸に近い状態で世間に放り出される。当然ながら長い間の職歴がない中年のおっさんには、医者などの特殊技能を持っていない限り、普通の就職活動はまず無理だろう。

それだけでなく、帳簿上は収入を払っている事になっているので(一人当たり年収1000万円!)、初年度から超高額な税金も付与されるオマケつき。これが今までヤマギシの為に一生懸命働いた者に対する末路である。

それでも大人に関しては、それを承知でヤマギシに入ったので自己責任があるが(マインドコントロールされた云々は置いといて)、一緒に入らされた子供達は堪ったものではない。親が無一文なので自分の生活は自分で養わなくてはいけないし、学費だって自分で支払わなくてはいけない、結婚する時や家のローン、遺産を引き継ぐ権利もなく、万が一の時があっても親の力を頼る事すらできない。全てを自分で賄わなくていけないのは、一生懸命働いた親がいるのに、本当に仕方のない事なのでしょうか。

ヤマギシは「金の要らない仲良い楽しい村」だの「全人幸福」だのをスローガンにしていたのだが、その本質は自分達さえ良ければ、かつての仲間や他人が野垂れ死のうが、どうでもいい身勝手な社会だったんだなと改めて思う。こんな事が許されていたのが本当に理不尽だ。法律さえ守っていればいくら人の道に外れていようとも許されるこの国もどうかしている。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】懺悔。お小遣いがあれば…

懺悔。お小遣いがあれば… ここまで規制されている生活なので、当然お小遣いなんてものは存在しません。お金を使う場所に行く事すら許されていないので、それも当然の話です。中には学校の修学旅行で生まれて初めて …

【生活】まるで戦時中!?手紙の検閲

まるで戦時中!?手紙の検閲 ヤマギシでは手紙は必ず検閲されます。封筒で送られて来たものは必ず世話係が封を切り、中身を確認して不必要なものが入っていないか、子供達を惑わす様な悪い内容が書かれていないかな …

【生活】極悪非道の世話係

極悪非道の世話係 何度となく出てきている世話係。ヤマギシでは子供だけでの集団生活を促されているので、教師役として子供達を教育する役目を担っています。基本的には恐れられ厳しくできる人が適任になります。 …

【生活】育児放棄の両親に会う

育児放棄の両親に会う 小学生だと1か月に一度、中学生になると2ヶ月に一度、ヤマギシの子供たちは育児放棄をした親元に帰ります。これを家庭研鑽と呼びます。 ヤマギシの外から通っている子供達は電車やバスを乗 …

【生活】本音は処罰に。建前は生きる為に。

本音は処罰に。建前は生きる為に。 大人になると会社や上司に逆らえないと言う状況も度々あると思いますが、ヤマギシでは小学校低学年であっても常に自分の意見は許されない状況下に立たされていました。 もちろん …