『暴露史記』ヤマギシズム学園の虐待児たち

1980-90年代 ヤマギシズム学園は子どもたちのディストピアだった。

生活

【生活】現在でも続く中卒者の末路

投稿日:

現在でも続く中卒者の末路

ヤマギシでは義務教育である中学校を卒業すると、これ以上の勉強は不要とし、村人になる為の勉強として一日中、農作業などに従事させるヤマギシズム学園高等部に強制的に進ませ、学歴が得られる普通高校へは行かせなかった。

ヤマギシが世間から叩かれだしてからは、希望者に通信制の高校を受講できる様にし、現在では普通高校へも通学もできる様になったのだが、それまでにあまりにも大量の中卒者が生まれてしまった。

ヤマギシの子供たちを最終学歴を中卒にさせる目的は、世間一般で通用しない大人を育て、ヤマギシでしか通用しない様にし、人材を流出させない目的だと現在では考えている。

大人になってから学歴をつけようにも、これまで勉強してこなかったツケは大きく、詳しくは勉強なんてどうでもいいのカテゴリーを読んで頂きたい。

また親がヤマギシに財産を全て持っていかれている為、学費を出そうにも自分で何とかするしかなく、勉強と生活の両方を成立させる必要があり、かなり現実的には厳しい条件になる。ちなみに自分は高校生の時、学費捻出の為にアルバイトを掛け持ちし、夏休みには1日16時間も働いた経験を持っている。

そんな方針により、ヤマギシを出た中卒の子供達は工事現場、農作業、工場、ゴミ収集などの単純労働にしか従事できない状態に陥り、一般社会から這い上がる為に現在でも並々ならぬ苦労をしている。

子供はれっきとした一人の個人であり、親の所有物ではない。倒産やリストラなどで仕方ない場合もあるだろうが、可能な限り子供が希望する道に誘うのが本来の親の役目である筈だ。

進路がたった一つしか用意されておらず、ヤマギシの村人になるのを子供の頃から決められていたせいで、あまりの絶望で何度も死にたくなった気持ちはきっと毒親には理解できないだろう。







-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【生活】マインドコントロールの個別研

マインドコントロールの個別研 個別研とは研鑽会の一つです。ヤマギシではこの研鑽会と言う名称をバカの一つ覚えの如く、何にでも使用します。研鑽とはそもそも学問などを磨き深める事の意味ですが、ヤマギシではそ …

【生活】マインドコントロールによる感情の否定

マインドコントロールによる感情の否定 この辺になってくると不条理過ぎて言ってる事の理解も難しいかも知れません。ヤマギシでは感情の否定を行います。通常だと、喜び、悲しみ、怒り、嫌悪、羞恥心などがあります …

【生活】女子中学生の自殺

女子中学生の自殺 自分が小学生の頃、中庭に救急車のサイレンが鳴り響いた。ヤマギシは閉鎖的な場所なので、まず外部から車が来る事はなく、何事かと思ったのだが、翌日になると同じ建物内に住んでいる女子中学生が …

【生活】決まった事しか書けない日記

決まった事しか書けない日記 ヤマギシでは、一日の終わりに日記を書くことを強要させられます。それぞれ個人のバインダーが用意され、ルーズリーフに今日の出来事を書いて世話係に提出します。表向きは何を書いても …

【生活】ストレス発散目的で喧嘩!

ストレス発散目的で喧嘩! ヤマギシの子供達の中では喧嘩を強制される事がありました。戦(いくさ)に次ぐ、特殊なものでした。 学年ごとによる室内でのガチンコ対決で、普段はある上下関係もこの時は無用となり、 …